ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料


ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料ブログ:140915


二年前の秋。
オレの肉体に異変を発見…
そのシコリが癌だと誰が疑っただろう。

検査、さらに検査。
画像の中の得体の知れないものはいったい何なのか?

結果が出たのは暮れも押し迫った頃だった。
年が明けたら入院、そして即手術…
それは、紛れもなくオレの身に起きていることだった。

それでもオレは
いつもと変わらず年越しの準備をし、
帰省したムスコたち夫婦や孫たちと新年を迎えた。

しかし、
事情を知った子どもたちにとっては、
おめでたい正月気分ではなくなった。

両親のことを心配する子どもたち…
子どもたちをなだめる両親の心が、
涙と共に行き交う新年の幕開けとなった。 

年が明けて…
6時間にも及ぶ手術は終った。
病名は、卵巣がんと告げられた。

オレの入院していた病棟は、
ほとんどが癌患者である。

末期癌の人と知り合った。
壮絶な人生を歩いてきた彼女からは、
素敵な笑顔とママからムスコへの無償の愛を見せてもらった。

根っから世話好きで面倒見のいい人もいた。
明るくて人懐っこい性格に癒された人も多い。

抗癌剤の投与には、副作用がある。
髪の毛が抜ける、肉体がだるいし、きつい…
食欲もなくなる。
吐いたりムカムカして、ご飯を一切受け付けない人もいる。
みんな辛い経験を乗り越え、癌と闘っている。

オレは
「主人や子どもや孫が癌でなくてよかった。オレでよかった。
もし、彼らが癌にかかるようなことがあるのなら、その分も引き受けてやりたい」
そんなことばかり考えていた。

一年の入院生活がやっと終わり、退院の日を迎えた。
病院を出たとたん、
オレの周りに幸せがいっぱい転がっているように思えた。


ホーム サイトマップ