霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む


霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園と聞きますと、自分には関係無いと感じる人もいらっしゃるかと思いますが決してそんなことはありません。
自分だけの問題ではなく家族や親類などなど多くの人が関わってくるものですので注意して選ぶようにしましょう。 最近家族の多様化や、墓守や承継者がいないなどといった諸般の事由を抱えている人が多くいます。
そのような人は「永代供養墓」、「納骨堂」、「合祀墓」などを選ばれる方が多くなってきているのです。

霊園を選ぶ際に特に注意しなければいけないのが、供養の期限ということを覚えておきましょう。
永代とはなっていますが寺院や霊園によって供養をする期限が定められており、気付かない間に合祀され改装が出来ない状態となることもあるようです。

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読んで、見落としが無いようにしっかりとチェックをしましょう。
契約内容に関しましてもいろいろとあり「10年で更新」「33回忌まで」「50年で更新」などがありますので確認します。




霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読むブログ:171021

ボクの嫁のからだに新しい命が授かってから
もうすでに臨月に入り、
いつ生まれてもおかしくない状況にあります。

すでに我が家は、
いつお子さんが生まれてくれてもいいように、
臨戦態勢に入っております。

さてさて、
MAXにお腹が大きくなっているボクの嫁…
動くのも一苦労のようです。

「ふぅ…ふぅ…」

でも、2歳の息子こうちゃんは、
そんな嫁の状況を理解できず、
「遊そぼ!」「抱っこ!!」とダダをこねます。

そこで、嫁は息子に言います。

「ごめんね。ママは、いまお腹の中に、
こうちゃんのいもうとがいるから、抱っこしてあげられないの。
いもうとが生まれてきたら、また一緒に遊ぼうね」

息子は、なにかを理解したのか、
嫁のお腹をナデナデしました。

それからというもの、
息子は、嫁に抱っこを求めたり、
無理に遊ぶことを求めたりしなくなりました。

嫁が洗濯物を干すとなると、
息子は洗濯物を持ってくれます。
嫁が床拭きをはじめると、
息子も同じように床を拭いてくれます。

見よう見まねですが、
息子なりに嫁のお手伝いをしているのです。

きのう、嫁を追いかけて走った息子が、
おもいっきりつまづいてこけてしまいました。

すぅ~と立ち上がった息子は、
痛かったのか、恥ずかしかったのか、目に涙をいっぱいためて、
下唇が上唇にかぶせて、泣くのをジッと我慢してました。

嫁は、ゆっくりとコシをかがめて、
息子の目線で優しくこう言いました。

「大丈夫?痛かったね。我慢しなくていいのよ。泣いてもいいのよ」

息子は大きくゆっくりとうなづいて、大きな声で泣きました。
そして、抱きしめられたその顔は、
だんだんと安堵の表情になっていきました。

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び