神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本

霊園や墓地などといった場所は、私達日本人にとりまして非常に重要な場所となるので注意をしなければいけません。
理想的な霊園を見つけるためには、霊園の基礎知識を覚えて、後悔しないことが大切なのです。 現在の和型の墓石は、仏教の教義を象徴している仏舎利塔や五輪塔などを簡略化したものとなっています。
これは江戸時代中期以降、庶民がお墓を建てるようになることで広く普及してきた形となります。

 

和型の中でも最も多くなっているのが和型三段であり、これは日本独特の仏教的墓石となります。
石を二段重ね、その上に棹石を乗せている形となっており、棹石というのは仏教では「仏石」で釈迦を表す聖なる石とされています。

 

神式の墓石というのは仏式と同じで、角柱型を基本としているものとなります。
台石に乗せることとなる棹石というのは、上に向かって細くなりその上部は角錐型のタイプが一般的となります。



神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本ブログ:171019

高校生のとき、
夕食前にアニメを見ながら、
ボクは妹とママと一緒になって大笑いをしていた。

するとすでに食卓についていたお父さんに
「こんなもの一体何がおもしろいんだ!!」
と怒鳴られた。

お父さんの虫の居所が悪いとこんなもんだった。
かと言って、機嫌が良くても
テレビを見て声をあげて笑うお父さんの姿など見たことがなかった。

おもしろいと思っているときは、
ほんの少しニヤッと口の端をほころばすだけ。
おもしろいことがあっても、
大声でゲラゲラ笑うなんてみっともない!と
お父さんは常々思っていたのだ。

8年前、
65歳で定年を迎えたばかりのお父さんが突然胃がんを患った。
そしてこの8年の間に、
ガンは肝臓に転移し、お父さんは合わせて3回の手術をした。
現在は、手術ができない部分への抗がん剤治療を行っている。

昨日、
お父さんは一ヶ月に一度通院している都内の病院に
一人で出かけて行った。

夕、人形焼のお土産を手に帰宅したお父さんに
「浅草に行ってたの?」を聞くと、
「ああ、寄席を観てきたんだ」と言った。

そういえば、少し前にテレビで
「笑うことは免疫力アップになり、ガン患者にとってはからだに良い」
という特集をやっていた。
どうやらそれを見て、寄席で笑ってこようと思ったという。

ボクは、浅草の寄席に一人で出向き、
知らない人達の中で落語や漫才をみて笑うお父さんの姿を想像してみた。

きっと周りからみれば笑ってなんかいないだろう…
口の端を少しほころばし笑っているつもりのお父さんが、
大声で笑う周りの観客の幸せそうな声につつまれて、
一緒に楽しんでいたのかもしれない。
それはきっとお父さんの免疫力アップにつながったにちがいない。




ホーム サイトマップ